エンディングノート

「生き方」は自分自身で決めることができますが、「逝き方」は選ぶことができません。
しかし、最期まで自分らしく生きていたいという思いと、自分らしく終わりたいという願いは、可能な限り追求すべき人生の最終章のテーマでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました